奴隷

逃げるって楽しい

 

中毒みたいなものだ。

 

最近の私はこの中毒にハマってしまっていたみたい。

 

遊びに逃げて

 

男に逃げて

 

別のビジネスに逃げて

 

快楽の中でとことん生きてみて

 

 

この前言われたんだ。

 

「○○ちゃんって、人間らしいよね」

 

「人間らしい?」

 

「うん。なんか、欲に忠実」

 

 

本当に。なるほどって思った。

 

私はそういう意味で言ったら、きっと誰よりも人間らしい。

 

 

でも、今の私には虚無感しかない。

 

生きてる感じがしない。

 

 

働きたくない。

 

あんな閉じ込められた「社会」という檻に入れられたくない。

 

あそこは奴隷みたいだ。

 

その周りの、別の空間から、その奴隷をみて楽しんでいる人達がいる。

 

酒、ギャンブル、遊び、娯楽、

 

あらゆる甘い果実を吸わせて

 

飴と鞭で働かせる。

 

 

卑怯だろうか?

 

酷いと思うのだろうか?

 

いや、そうは思わない。

 

 

彼らは賢い。

 

私はそっちにいたい。

 

 

狩られるか、狩るか。

 

 

でも、それには自分で獲物を狩りにいかなければならない。

 

獲物は金。

 

狩る手段は?

 

いくつも知っていた方が柔軟性が効く。

 

でも一つを極めた方が、狩れる確率も上がる。

 

 

先ずは極めなきゃいけない

 

自分で、狩るためのスキルを身につけなければならない。

 

今の私にはそれがない。

 

 

やらなきゃ。

 

出来るだけ早く。早く。

 

でなきゃ私は「生きて」いけない。